店主のおすすめ

2020.01.06

「新年に迎えたい飯碗をご紹介」

新年明けましておめでとうございます。本年も皆様に喜んでもらえるよう精進していきますので、どうぞよろしくお願いします。

さて今月の特集は 「新年に迎えたい飯碗」

新年はお財布やお箸を新しいものに買い換える方は多いのではないでしょうか。新しい一年のスタートに新しいものをおろすと、何だか気分一新された気がして気持ち良いですよね。私も新年は家族で新しいお箸を買い換えるつもりです。年末年始とバタバタしてまだ買い換えてないのですが……今週の休みで買いに行ってきます!

今月はそんな新年に合わせて、器の中でも毎日使う機会多いであろう飯碗を紹介していきます。様々な形・シリーズから皆様にとってのオンリー碗な飯碗が見つかるお手伝いが出来れば幸いです。普段から使っているこそのお話しも踏まえていきますので、最後までどうぞお付き合いください。

飯碗 丸 https://www.shop.tokinoha.jp/shi-bow-0006/
 飯碗 平 https://www.shop.tokinoha.jp/shi-bow-0002/

まず最初はトキノハの定番とも言える「shiro-kuro」シリーズからご紹介。shiro-kuroシリーズで展開している飯碗は2つ。”丸”と”平”。丸は一般的に多いであろう形で丸みを持つシルエット、平は外に開いた逆三角形のようなスタイリッシュさを持つシルエットになっています。ちなみに私が普段から最も使う機会が多い飯碗です。意識的に様々な飯碗を使っているのですが、ふと手に取るのはこの飯碗。お気に入りです。

初めてトキノハで飯碗の購入を考えておられる方は、まずこちらをお試しをオススメするぐらいトキノハで最もベーシックな飯碗になります。

写真では分かりづらいですが、こちらの飯碗は表面に”線彫り”を施してアクセントにしています。これによってシンプルの中に手づくりの温かみがプラスされ、何とも良い表情をしているんです。また黒色は使っていくうちに経年変化のように味が出てくるので、使う度に馴染んでいくというのが人気の秘訣ではないでしょうか。

平の方は馴染みが少ないかもしれませんが、使い勝手も丸同様に実は良いんです。おかずを飯碗の上に載せたりなどする場合は、平の方が径が広いのでのせやすく実用的。試したことのない方は、この機会に是非お試しください。

左 黒銀 右 赤銀 https://www.shop.tokinoha.jp/iro-bow-0001/

2つ目は新年の華やかな気分にはぴったりの飯碗。iroe シリーズより黒銀と赤銀のご紹介です。iroeシリーズは銀に黒や赤がアクセントとして施されているので、食卓が華やかになります。

特徴はボディーに粉引に上絵が施されていること。粉引の持つほんわりと優しく温かい印象に上絵がアクセントとなり他にはない器になっています。派手すぎずにシンプルすぎない飯碗に仕上がっています。こちらはどちらかと言うと”晴れの日”に適しているかもしれません。私も使うのは両親や知り合いを家に招いたとき。食卓に出すと「この飯碗すごい良いわね」と好評で、そこから会話がドンドン広がるので、私にとっては欠かせない器の一つ。

粉引のザラっとした質感に慣れていない方は、最初は少し違和感があるかもしれませんが、それも最初だけ。使えば使うほどに育つのも粉引の魅力です。「少し違った飯碗が欲しい」と思っている方は、是非お試しください。やや高めにデザインされている高台がスタイリッシュさを加えテーブルを華やかに演出してくれるのではないでしょうか。

ash シリーズ 細丸 https://www.shop.tokinoha.jp/ash-bowl-0002/

3つ目はashシリーズの細丸。ashシリーズでは細丸と平丸が展開されてますが、今回は細丸をご紹介。ash シリーズは草木の灰によって釉薬を発色させており、それによって一つ一つ味わいが微妙に違うのが特徴のシリーズです。こちらは妻がよく使っており、「女性の小さい手でもしっかりフィットするのが良いよね。その割に程よく入るのが嬉しい」と喜んでいます。

形はshiro-kuroの丸に比べるとやや細身にデザインされ、少しスマートな印象を持つ飯碗です。その分、手を包み込むようにして持つことができるので、手にフィットする気持ち良さを味わいながらご飯をお楽しみいただけます。また手触りはガラス質の釉薬でコーティングしているので少しツルッとしており、そのためにご飯が付きづらく食べやすいという実用性もあるんです。これを飯碗を選ぶ基準にされる方も居るので、参考にしてください。

いかがでしたか? 他にも紹介したい飯碗はいくつもあるのですが、あまりありすぎる逆に悩んでしまうこともあろうかと思いますので、ご紹介はここまでにします。今回は3つ共、どれも違いがあるものをピックアップしました。他にもトキノハ オンラインストアでは様々な飯碗がありますので、トップページから「飯碗」と検索してみてください。

皆様の新年に迎えたい飯碗が見つかることを願って。

店主でした